日本製シルク商品について


当社のシルク商品は日本国内で精錬、染め上げ、仕立てをしているため、"日本製シルク"と表記しており、 一方、"国産プレミアムシルク"は、繭を糸に紡ぐ工程から日本国内で行っています。

日本製シルク

12商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
12商品 1-12表示
  • <
  • 1
  • >
12商品 1-12表示
  • < Prev
  • Next >

生地について



リブレモンの日本製シルク商品に使用しているシルクは、 福井県の会社で何度も現地に足を運び、繭の段階から自分の目で確かめた、自信を持って提供出来る品質だと認めたもののみ仕入れています。
有機栽培された無農薬の桑の葉のみで育てられた中国の蚕の繭から紡ぎ、最上級6Aランクの糸のみを使って織られた、シルクサテン生地を日本国内で精錬したものです。

素材の染色について



京都の老舗の染め屋さんにて特別に調合してもらった、当社オリジナルカラーで丁寧に染め上げています。

仕立て職人のお話



当社の日本製シルク商品は、確固たる技術を持つ縫製職人との出会いにより、商品化することが出来ました。 その方は、神戸のオーダーメイドスーツの老舗で腕を磨き、数々のアパレルブランドの仕事を経験してきた職人さんです。この職人さんは一枚一枚、型紙から手で裁断し、シルクサテン生地が持つ独特の風合いを活かして縫製をしています。
この道何十年という熟練職人でも「玉川さんのところのシルクでふんどしランジェリー縫うのは、紳士服のジャケット1着仕立てるより遙かに難しい」と言われます。

こうして原料から生地の織り方、縫製まで全てにこだわり抜いたリブレモンの日本製シルク商品は、おかげさまで発売以来、数多くのお客様から高い評価を得ています。
  • ふんどしランジェリーの魅力徹底解説

  • 玉川有希の紹介

  • LINE公式アカウント

  • 紹介キャンぺーン